« 2007年03月 | メイン

2007年04月24日

大人ニキビ(にきび)の原因

大人のニキビのさまざまな要因

大人のニキビは様々な原因がからみあって発生します。
まずは大人のニキビがどのような原因からできるのかを知りましょう。

原因には大きく分けて内的要因と外的要因があります。
ニキビの症状が重く、肌機能が弱っているときは、できるだけ日常の生活にも気をつける必要があります。

二キビができる場所や時期、パターンなどをじっくり考え合わせて、自分の二キビの原因を探っていくことが重要です。原因が分れば対策も立てられますので、、それぞれの対処方法を勉強して可能な範囲でそれらを取り除く努力をしましょう。

しかしながら、大切なのはあまり神経質にならないことです。
原因もある程度までは推察できますが、すべてを把握して完全な対策を講じることは容易ではありません。気にしすぎてそれがストレスになってしまっては逆効果になってしまいます。
できることだけ、症状の重いときだけ、生活に支障のない範囲で気長に頑張っていきましょう。

        大人ニキビの内的要因について

        大人ニキビの外的要因について

2007年04月04日

漢方で大人のニキビを改善

漢方で大人のニキビを改善

大人ニキビを改善するために漢方で体質改善をするという手もあります。いろいろな作用を持つ生薬を組み合わせた漢方を服用することで心身のバランスを調整し、体質を改善していきます。

漢方というと、どうしてもお金がかかりそうなイメージがありますが、保険で漢方治療をうけることができます。初診料や処方箋料も西洋医学の場合と同じです。

西洋医学では症状に対しての対処療法として薬が処方されますが、東洋医学ではその人の体質や状態を見ながら病態を把握し、それに応じた漢方を処方します。

同じ症状でも、体質によって選ぶ漢方薬が違います。その体質によって、同じ漢方薬を飲んでも、効く人と効かない人がいるのです。体質が合っていないと漢方薬が効かないだけでなく、時には症状をさらに悪化させてしまうこともあるのです。

市販されている漢方を自分の判断で買うよりも、保険の効く専門医で診察してもらって、ご自分の体に合わせて的確な漢方薬を処方してもらいましょう。

ただし、どこの病院へ行っても漢方治療がしてもらえるとは限りません。保険が使える漢方治療の病院は全国にありますので行ってみましょう。

ニキビに効く漢方の例

◆清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)

実証ないし虚実中等度ぐらいの人のニキビに用います。顔面や頭部の発疹で、赤みをおび、化膿傾向顕著、熱性 (熱感)のあるものにも良いです。便秘のある人は緩下剤と併用すると良いです。

◆桂枝茯苓丸加ヨク苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)

体格中位、虚実中等位の体質のひとで、月経時悪化傾向があるニキビに応用します。

◆当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン )

体質が虚弱な人のニキビに用います。貧血や冷え性があり、お血の証があるもの、女性では生理不順のあるもの、皮疹は赤みが弱い、色の悪いニキビにも応用します。

◆その他

十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)、小柴胡湯(ショウサイコトウ)、桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)、荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)、黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)、六君子湯(リツクンシトウ)、半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)、防風通聖散(ボウフウツウショウサン)、などが応用されます。