ニキビの治療薬 〜抗生物質など〜

スポンサードリンク

抗生物質やビタミンBなどの内服薬

にきびの重症化を防ぐにはにきびの原因菌や化膿性菌の繁殖を抑えるために、治療薬として抗生物質が使われます。抗生物質は細菌を殺す目的でさまざまな病気で使われます。抗生物質の種類も多種あります。
にきびに良く用いられる抗生物質としてはテトラサイクリン系、マクロライド系が一般的ですが,副作用や他の薬との併用の点で使用できない方もいますので,受診の際には医師によく相談することが必要です。

このほかセフェム系、ニューキノロン系にいたる数多くの抗生物質や抗菌剤があります。
また、ニキビダニによる場合には特殊な薬としては、メトロニダゾールという薬を使うことも有ります。

抗生物質の副作用としては消化器の不快感、下痢、発疹などがあります。
そして、抗生物質を長期に服用していると耐性菌を生じることもあり、普段は問題ありませんが免疫の弱っているときなどには常在菌であるカンジタ菌などが大量発生してしまうということもあります。
そうしたことも踏まえて、疑問点は医師にきちんと質問して抗生物質を上手に利用することが大切です。

長期間、抗生物質に頼って飲み続けるのではなく、短期間だけ重症化を防ぐために服用し、あとは日常生活に気をつけながら他の対策をしていくのが良いでしょう。
全く使うべきではない、というのではなく、抗生物質も大切な治療薬のひとつです。
短期間に適切な抗生物質を使うことで、治療効果をあげることができるでしょう。

また、抗生物質の中には、ばい菌を殺す作用のほかに、皮脂の分泌を押さえる働きを持ったものも有り、このような抗生物質を少量使うことにより、副作用を押さえながら皮脂の量をコントロールしていく、という方法も使われていることがあるようです。

抗生物質の他にも、ビタミンB2、B6、Eなどの、新陳代謝に影響するビタミンを補ったりすることもあります。

スポンサードリンク

【にきびの治療薬】カテゴリ内の記事一覧

ページのトップに戻る▲

【大人ニキビ 治療と対策】のサイトトップに戻る▲

ニキビ治療の体験談
大人ニキビ治療の体験記1
ニキビ・肌荒れで悩む方へ
大人のニキビで悩む方へ
大人ニキビ とは
大人ニキビと思春期のニキビの違い 「大人のニキビ」の見分け方 ニキビに似た症状に注意 婦人科の病気がもたらすニキビ
大人ニキビの原因
大人ニキビ(にきび)の原因 大人ニキビの内的要因について 大人ニキビの外的要因について
大人ニキビの治療
大人ニキビの原因と治療 大人ニキビの治療は人それぞれ
にきびの治療薬
ニキビの治療薬 〜抗生物質など〜 治療薬 〜外用薬など〜
大人ニキビの皮膚科
皮膚科の選び方
大人ニキビの対策
正しい洗顔 保湿しましょう 女性ホルモンと大人ニキビ ホルモンバランスを整えるには 運動・タバコ ニキビの炎症を予防 食生活 塩素への対策
大人にきびの化粧品
VCローション ピーリング石鹸
にきびと漢方
漢方で大人のニキビを改善
にきび跡の治療
ニキビ跡の治療には
ニキビあれこれ
背中のにきび1 あご にきび 白二キビ 背中のにきび2 黒ニキビ 赤二キビ
大人ニキビ リンク集
ニキビ関連のリンク集 ニキビ関連のリンク集2 美容・健康 関連のリンク集1 美容・健康 関連のリンク集2 美容・健康 関連のリンク集3 美容・健康 関連のリンク集4 健康 リンク集5(更年期 など) 健康 関連リンク集6 美容・健康 関連のリンク集7 ダイエット関連のリンク集 美容・健康 関連のリンク集8 美容・健康 関連のリンク集9 美容・健康 関連のリンク集10 その他のお奨めリンク集1 相互リンクについて・免責事項
 

大人ニキビ 治療と対策サイトマップ